ラストドリップデザインズ|LAST Drip Designs|ラスドリ

ノンファンデーションレザーとは

ノンファンデーションレザー

Non-Foundation

Leather

国内最高峰のタンナーによって

美しく鞣された無染色ヌメ革

 

 

 ↓目次クリックでご覧になりたい見出しへ

ノンファンデーションレザーとは

 

 

ノンファンデーションレザーは、「ラストドリップデザインズ」が提案するオリジナルのヌメ革です。

 

国内のタンナーにて、鞣し(なめし)加工(革の腐食を防ぐ処理)を行い、自社のアトリエにてフィニッシュをかけ、1枚1枚丁寧に仕上げています。

 

10年以上、革製品のプロダクトデザインに携わってきた私が最終的に辿り着いた革が、こちらの個性と魅力溢れるフルベジダブルタンニンなめしの牛革です。ヌメ色染色や銀面加工を施さないことで、ヌメ革本来のタンニンの香りやムラ感、無垢な風合いを最大限感じていただけます。

 

この革を手にした時、まず、感じていただけるのは”香り”です。ミモザのタンニン香はほのかに甘く、優しい自然の香りがします。染色や銀面加工を施したものとは違い、薬品臭が全くなく、処理工程を行うタンナーで嗅ぐ濃厚な香りがそのまま残ります。この香りこそが、「無垢」である何よりの証拠といえるのではないかと自負しております。

 

また、無染色であるがゆえ、荒々しくも美しい個性豊かな革の表面(銀面)も特徴の1つです。染色を施す際のキズやトラ、シワは、妙に強調され、「革質がよくない」と判断されることもありますが、無染色の持つキズやトラ、シワは自然で、オリジナリティ溢れる魅力があります。

無染色のヌメ革は”隠さず、自然のまま”だからこそ、何処を裁断しても違和感がありません。タンニンエキスのみで加工されているので、その自然なキズやトラ、シワが美しさに変わるのです。

 

ただ、「無染色・無加工」にこだわるからこその難しさもあります。

 

一般的なヌメ色染色されたヌメ革でも色付けした革以上に日焼けが早いものですが、無染色のヌメ側はさらに日に焼けやすいです。作品化して保管しておくだけでも、日焼けや経年変化を起こします。

 

できる限り、この”ノンファンデーションレザー”に出会ってくださった方には、「無垢なヌメ革」の状態でお届けしたいと思っています。そのため、「ラストドリップデザインズ」のノンファンデーションレザーはすべて、『受注生産』、『直接配送』でご提供させていただきます。

 

 

無染色ヌメ革の美しさの秘密

ノンファンデーションレザーは、「無染色」の天然無垢なタンニン鞣し(なめし)の牛革です。

 

化学薬品を用いたヌメ色染色を施さず、無垢な状態で仕上げ加工(フィニッシュ)を行っているので、本来のヌメ革の持つ風合いや経年変化(エイジング)を楽しめます。まさに、”究極のフルベジダブルタンニンレザー”です。

 

そもそも、市販されているヌメ革の大半は「ヌメ色染色」を施して、肌色を表現しています。透き通った肌色に見えるように下地染めを行い、銀面に肌色の染料を吹き付け、販売されています。実は私も、この”ノンファンデーションレザー”に出会う前は染色されたヌメ革が当たり前のものだったので、「無染色・無加工」の美しさに出会えた時は感動しました。

 

さらに、ノンファンデーションレザーと染色したヌメ革の大きな違いは、「肌触りや手触り」でも感じられます。実際にお客さまからの高評価をいただいているポイントでもあります。銀面は荒々しい部分が残るものの、無染色・無加工の無垢な状態だからこそ、若干の油分のある箇所やサラっとした箇所、ゴツゴツした箇所、ザラっとした箇所などがあり、触った箇所に応じて肌触りや手触りの変化を感じられるのが、ノンファンデーションレザーの魅力の1つです。

 

また、濃淡の美しいタンニンのムラやトラ・シワ・スリキズといった革本来の風合いも隠さずに表現できるため、1つとして同じものに出会えないオリジナルの一品であることもこの革の美しさや魅力です。

 

 

キャッチコピーに込められた想い

 

「ラストドリップデザインズ」のプロダクトは、あくまでもシンプルでベーシックな作品です。元々「素材を活かしたプロダクトデザイン」を心がけていたこともあり、自然なデザインワークに美しさを感じています。その中でも、パターンメイクやシルエットメイクにはこだわりがあり、ちょっとした”遊び心”を添えています。

 

ハイテクというよりはアナログに近い「ラストドリップデザインズ」のデザインワークですので、何処となく懐かしさや温もりを感じるようなご提案をさせていただきます。毎日使用するアイテムだからこその愛着や使い心地の良さを感じていただけるよう、日々素材に向き合っています。

 

また、ノンファンデーションレザーの最大の魅力は、革本来の持つ経年変化、リアルエイジングにあると思っています。使用すればするほど肌に馴染み、キズや汚れも”味”となります。誤魔化しのきかない自然のものだからこそ、愛着も湧いてきます。

 

シミも汚れも日々の思い出とともに人生を刻んでいく、そんな思いから、『日々を「記録」する日記帳のようなノンファンデーションレザー』というキャッチコピーをつけました。オイルケアを行いつつ、お客さまの日々の生活に寄り添うアイテムになって欲しいという思いを込めています。

 

 

 

唯一無二の自分だけの思い出がすべてこの革に刻まれていきます。「日記帳」のように、その時々の思いや感情を綴るアイテムとして、このノンファンデーションレザーと長く寄り添っていただけたら幸いです。

 

 

 

 

実際に当ブランドのノンファンデーションレザーをご愛用いただいているお客さまよりいただいたお写真です。使用者それぞれの経年変化(エイジング)がとても美しく、日々の彩りを感じさせていただきました。大切にご愛用いただき、ありがとうございます。

 

 

 

 

無染色ヌメ革プロダクト一覧

↓CLICK↓

 

 

 

ノンファンデーションレザーのまとめ

 

〇ヌメ革カラー

経年変化(エイジング)するタンカラー

ミモザタンニンが浸透して表現される

無染色・無加工の無垢なヌメ色(ベージュ)

年月とともに飴色に育ち深みある茶色へ変化

 

〇マテリアル「ヌメ革について」

ノンファンデーションレザー

Non-Foundation Leather / ldds original

皮革種類:牛革 / フルベジタブルタンニンレザー

タンナー:栃木レザー社

鞣し加工:ベジタブルタンニン鞣し

タンニン:ミモザの樹皮から抽出した樹脂

染料顔料:未使用

銀面加工:無加工

硬さレベル:柔い ☆☆☆★☆ 硬い

表情の豊さ:無い ☆☆☆☆★ 豊か

シボの強さ:無い ★☆☆☆☆ 強い

初期油分量:無い ☆☆★☆☆ 多い

※表情の豊さにはタンニンムラの他にトラ・シワ・小キズなどが含まれています。無染色ヌメ革の最大の魅力と特徴でもありますので楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

※油分量は革の柔軟性を損なわないための必要最小限で含ませています。1シーズンに1度のオイルケアをオススメしております。完全に油分が抜けてしまうと銀面割れの原因となり、ヌメ革を長くお使い頂けなくなりますので十分にご注意ください。

 

・ラナパー(Renapur)

植物性の油脂でつくられた万能メンテナンスクリーム

ラストドリップデザインズの革メンテはラナパー公認です!

LAST Drip Designsがデザインしたプロダクトはこちら

SHOPPING SITE SHOPPING SITE arrow_right
PAGE TOP